2010年 10月 15日
Remote Manoeuvres
岐阜基地からリモート(小松基地には着陸せずに、母基地から飛んできて飛行展示後また帰ること)で機動飛行を見せるF-2 初号機。(解説追記)

気合いを入れてHigh Gターンを繰り返すF−2。ローリングが90度近くかかっているので6G以上の加重がパオロットを襲う!
c0158775_22193368.jpg


対地攻撃パターンで地上の目標に爆弾、を投下する模擬をする
c0158775_22194482.jpg


攻撃終了後は、敵の格好の攻撃目標となってしまうので、全力で上空に離脱し、素早くひねって戦場を離脱する。激しい機動のために、主翼の端からベイパーが引きずられている。
c0158775_2221381.jpg


脚をだし、フラップを降ろし、低速性能もすごいんだぞ!とアピールする」F−2。
c0158775_22213394.jpg


母基地岐阜基地に祈祷帰投する前には、会場上空で大きくローリングして機体の上面・
下面を惜しげもなく見せつけて去っていきました。
c0158775_22215029.jpg


2010年10月3日撮影@航空自衛隊小松基地(石川)

[PR]

by hama_cha | 2010-10-15 22:23 | 飛行機


<< Approach to Run...      F-15J Formation... >>